ネカフェ難民の女はアナル中出しもさせてくれる肉便器

ネカフェ難民の少女はネカフェ代欲しさにすぐヤらせてくれる。しかし、現金をそのまま渡してしまえばそれは未成年でなくても売春・援助交際となるので絶対にやめておこう。では直接現金じゃなければ援助交際にはならない。食事を奢ってホテル代を肩代わりするだけでも普通にヤらせてくれるからわざわざ現金をそのまま渡す必要性もないし売春することもない。特にネカフェ難民の彼女らは基本的にはネカフェで寝泊りしているのでラブホテルのベッドで寝られると聞くと喜んで話に乗ってくれるから簡単にホテルに連れ込むことができる。ホテルの中では二人以外何してもわからない。

ネカフェ難民の彼女たちは上記の通りお金をもらえるよりもちゃんとした寝床と食事を得ることができれば満足する。お金が欲しいのであればもっと稼げる1日体験風俗を選ぶだろう。食事だけでも簡単にヤらせてくれるが結局ホテルにいくことになるので食事とホテルはセットと思っていたほうがいいだろう。

私もただヤりたいだけだったからここのネカフェ難民が集まっている出会いサイトで寝床に困っているネカフェ難民の女ミサ子を捕まえた。20歳で無職の女だったが容姿は可愛いのでネットカフェ難民でも簡単に生きていけるのだろう。

ネカフェ難民の女ミサ子はどう見ても10代にしか見えなかったので年齢を確認させてもらった所、20歳になったばかりだという。未成年でもないし完全に食べごろだ!と思ってとりあえず機嫌をとるためにスイーツパラダイスに連れていってやった。ネカフェ難民の女ミサ子はギャルっぽいファッションをしているが、見た目は以外にも清楚系だ。ギャルに憧れる清楚系女子って感じだな。まぁおっぱいもデカいし脚もすらっとしていてきれいだしこれは変態プレイで犯したくなる。私は勃起を必死に隠しながらスイパラでネカフェ難民の女ミサ子の愚痴を聞きながら胸をガン見してやった。

腹も膨れたことだし、そろそろホテルへ向かう私とネカフェ難民の女ミサ子。何度も同じことを繰り返しているネカフェ難民なだけあって、ミサ子はすでにエロモードになっている。

世渡り上手なんだろう。腕を組んでおっぱいを押し付けてくる。私はさすがに勃起を隠せず、ネカフェ難民の女ミサ子は私の勃起を見て自らラブホテルへ向かっていった。

ここで残念だったのがネカフェ難民ミサ子が生理に……。だが、アナルセックスをしたことがあるというので私は遠慮なくミサ子のアナルにたっぷりのローションを垂らしてびんびんチンポをぶち込んでやった。

生理の血が生臭いが逆にそれが興奮する。ミサ子も恥ずかしそうにしていたのがお互い興奮して、ミサ子はアナルで何度かイキ、私はミサ子のアナルにどっぷりとザーメンを注ぎ込んでやった。

こういったアクシデントがあるので、なるべく生理の状況も聞いておいたほうがいいだろう。生理になったらよほど物好きじゃない限りヤることは難しいだろう。生で挿れたら性病になるかもしれないしな。

だが、生理が収まったらヤる約束をしたのでヨシとしよう。ネカフェ難民の女ミサ子はアナルもOKな肉便器だからアナル好きな奴は一度誘ってみるといい。