セックス依存症の黒ギャルの未洗浄アナルにどっぷり中出し!

上京してセックス依存症になる女の子も少なくはない。
ヤリチン彼氏に捨てられてもなおセックスがやめられないギャルは多いだろう。
お金を貰ってセックス浴も満たす援助交際ギャルもいれば性欲を満たすだけのギャルもいる。

今回は後者であるセックスだけ希望の黒ギャルに的を絞ってみた。
巨乳であればよかったのだが、ギャルはおっぱいが小さい事が多いのであまり期待はしないことに。

しかし、思いのほかEカップ以上の黒ギャルが多かったので、
その中でもタイプだった福岡の田舎の方の出身である「奈々恵」という黒ギャルにアポイントをとってみたのだ。
奈々恵と20回程この出会いサイトでやり取りをした後、LINEのIDを交換して次の日に会うことになった。

LINEでやり取りしながら待ち合わせに付くと胸元の開いた服を着ている黒ギャルを見つけた。
黒ギャルは回りに一人しかいなくてこいつは確実に「奈々恵」だと認知したのだ。

少し居づらそうにしていたので、早速声を掛けてやると犬のようにぱたぱたとこっちに近づいてくる。
そして私はそのときにおっぱいが揺れるのを見逃さなかった。思わず勃起したのだ。
その後はホテルに向かったのだが、周りから見ると風俗を利用していると思われていたのかもしれない。

奈々恵はホテルに着いたら私にキスして片手でチンポを弄ってくる。
私はキスをしながらチンポを弄られるのが好きなので少しの間黒ギャルのテクニックを味わっていた。
すると、奈々恵も我慢できなくなったのかもじもじしはじめたので、ベッドへ連れて行きスカートとパンツを脱がした。

奈々恵のおまんこは私のチンポを欲しそうにしているので、私は愛液をチンポに塗りつけぐちょぐちょのおまんこに挿入!
アクメ間近かおまんこから本気汁が溢れてくる。奈々恵は腰を振ってチンポを自ら出し入れし始めた。
私は騎乗位の体制で奈々恵の好きなようにチンポを出し入れさせてやった。

私も奈々恵もアクメ寸前か汗だく。奈々恵の腰が上下から前後運動になり自らの子宮口に私の亀頭を擦り付ける。
よほどザーメンが欲しいのか私がイク前に奈々恵は絶頂してしまった。

私「で、出そうだ!中で出してもいいか!?」

奈々恵「あっ!だめ!今日は危ない日なの!中に出すならこっちにして!」

奈々恵は勢いよくチンポを引き抜き愛液と我慢汁が糸を引いていた。
その後すぐにアナルに挿入し、私はその衝動でピストン運動をするまもなく
奈々恵のアナルに大量にザーメンを放出した。

奈々枝「あはっ……これだけいっぱい出されたらアナルで妊娠しちゃうかもねー(笑)」

奈々恵は私が射精した後も尿道に残った精液を搾り出すようアナルを締め付ける。
ゆっくりとチンポをアナルから抜き出すと、少し茶色になったザーメンがどろっと垂れてくる。

この後はお風呂でイチャイチャして時間も遅かったのでホテルで一泊したのだ。
奈々恵とはまたセックスが我慢出来なくなったらハメてやることにしている。
その間に奈々恵と出会ったココでセックス依存症の黒ギャルを探してみようと思う