クンニリングスで女子大生のAV女優としての演技力を高める

乳首舐めは完璧だった素人女子大生と出会ったサイトはコチラ

この女子大生は乳首舐めが最高に上手かった。痴女物AV女優になれるんじゃないだろうか?
どうでもいいが私の最近のお気に入りのAVはドリームチケットさんの乳首舐め逆痴漢シリーズだ。
乳首舐めや逆痴漢・公共の場で女に責められるという人にはかなりツボだと思うので紹介しておく。

さて、女子大生の羞恥心に対する反応を鍛えることにしたのだが
やはりAV女優は演技力が大切だと思う。無反応こそ興奮するという変態もいるかもしれないが
一般人に向けてだとやはり感じている演技は必要なのだ。しかし前にも言った通り過剰な演技は萎えてしまう。

熟女物AVとかを見るとやたらと喘ぎ声がでかいおばさんが多かったりする。
監督がそういう支持をしているのかAV女優の過剰な演技かはスタッフしかしらない。
ただ、一視聴者としていえるのはうるさいだけの喘ぎ声は萎える原因の一つなのだ。

私は女子大生をソファに座らせM字開脚にさせておまんこを露出させる。
自ら股を開いて大事なアソコを最近知り合った男に見せるというのは恥ずかしいようだ。
しかし、その恥じらいこそが女としての魅力を最大限に引き出すといっても過言ではない。

自らの手でおまんこを広げさせ、まずは視姦してやることにした。
ビラビラは程よく黒ずんでおり、膣口は鮮やかなサーモンピンクだ。
恥ずかしいのかヒクヒクとおまんこを痙攣させている。

私は女子大生のおまんこに舌を這わせると、ビクっと体が反応した。
しかし喘ぎ声を抑えているのか声はまったく出ていない。
過剰反応であればここでもう喘いでいるのだろう。しかしここで声を殺すのがリアルな反応だ。

私はクリトリス周辺を八の字を描くように舐めまわす。
もどかしいのか腰を動かす女子大生。感じてきているのか小さい喘ぎ声が漏れてきている。
そう、自然なこの反応こそが至高なのだ。男を高ぶらせるのは自然な感じ方が最高なのだ。

まずは演技を意識させずに自然な感じ方を頭ではっきりと理解させそれを演技に出来るようになれば完璧だろう。
私は続けてクリトリスに触れずクンニングスを続ける。唾液と愛液でぬめぬめになったおまんこは
チンポを欲しがるかのようにヒクヒクと蠢いている。

女子大生「イかせてください!クリトリスいっぱい苛めてください!」

まだ支持を出していないのにおねだりをしてきたので私はイかせてやることにした。
クリトリスを皮の上から唇で挟み込むように刺激してやると、さっきより喘ぎ声が大きくなった。
必死に声を殺そうとしているのだろうが逆にそれが男を興奮させる。吐息交じりの喘ぎ声は最高だ。

フィニッシュにおまんこに指を入れてクリトリスを吸い上げると
女子大生はビクンビクンと痙攣してイってしまった。

ぐったりとした女子大生にこの感じ方をマスターしてもらう為に
私はイった女子大生の敏感おまんこを更に攻め立ててやることにしたのだ。