おばんさんのポルチオ突きまくり連続絶頂

ポルチオ おばさん

ポルチオ絶頂を味わいたいという人妻と出会ったのはいいが、
30代と自称していた人妻が、どう見ても40代のおばちゃんだった。

まぁ、年齢詐称なんて出会い系では日常茶飯事なのだが。

しかし、そのおばちゃんはスタイルがそこそこ良かったのでバックから犯せば問題ないと思い
口説き落としてセックスデートの約束をこぎつけた。

実際に会ってみると、写真よりは美人に見えた。名は人妻Eさんとしよう。

最近の写真アプリを使って現実よりブサイクに撮るって逆に難しいだろう。
予想外の展開に驚きつつも、私は紳士的な態度で振る舞いエスコートする。

人妻は独身男性と会うときは基本的に不利な立場にあるので
こちらは絶対に高圧的に接してはいけない。

逆に紳士的に振る舞えば安心してくれるので確実にセックスに持ち込めるのだ。
覚えておくといいぞ。普段女にオラついてるやつはとにかく反省しろ。

お昼を食べ、軽くウィンドウショッピングを楽しみながら自然とホテル街へ導く。
途中から人妻Eさんが恥ずかしそうにしていたが、ホテルに誘導しているのはバレていたようだ。

お互い小っ恥ずかしい雰囲気になって、アイコンタクトで同意の上ラブホにスムーズにイン成功。

普通にセックスする流れになっているが、今回は普通のセックスがメインじゃない。

ポルチオを突きまくって人妻をイかせまくるだ。

だが、私も喜ばせるだけではなく、それ相応の例として人妻の口マンコと
旦那に使い込まれたであろう下のお口ことおまんこを使って満足するまで奉仕してもらうつもりだ。

ポルチオ絶頂を味わうには、リラックスと性的興奮をかなり高めないといけないので雰囲気づくりも大事になる。

私はまるで最愛の恋人かのように人妻Eさんを抱きしめ、ディープキスで口の中を犯してやる。
とろんとした表情になった人妻Eさんは、どうやらイチャラブプレイに弱いようだ。

いい感じに人妻おまんこがたっぷり藍液を垂れ流し状態になりほぐれてきたところで、
私は持ってきたディルドをぐちょぐちょ人妻おまんこにぶちこんでやった。

結構長めのディルドなので、子宮口に軽々と届くので出し入れするよりも
先端を子宮口に擦りつけると、人妻Eさんのおばさんおまんこはかなり気持ちいいのか、さっきまでとは違う喘ぎ声がもれている。

私は面白くなってきてクリトリスを指でこねくり回してやると、人妻Eさんのおまんこから粘っこい本気汁があふれ出してきた。

ディルドで人妻Eさんの子宮口を上下左右に擦りまくっていると、喘ぎ声が凄まじくなってきた。

人妻Eさんはもう何回イってるのかわからないようになってしまったが、限界が来るまでイかせてやろうと思った。

このまま手を動かし続けるのも疲れるので、私は自動で動くタイプのディルドに任せた。

膣圧で抜けてしまうのを防ぐ為に、ディルドを差し込んだ状態でパンツを履かせてやると
自動的に人妻Eさんをポルチオ絶頂に導いてくれる全自動アクメパンツが出来上がった。

このまま、どこまでイけるか試してみたくなって私は持参してきたゲームを楽しみながら放置プレイをしてやった。

──30分後、人妻Eさんのほうを見てみるともう涎ダラダラでベッドのシーツがぐちゃぐちゃ。
あまりにも気持ちよすぎて漏らしてしまったのだろう。

それでもなお、自動で動くディルドは容赦なく機械的に人妻おばさんおまんこの子宮口を攻め続ける
(まぁ、機械なんだけども)

お”お”お”っーーーー!

喘ぎ声というよりももう叫び声。人間ってイキすぎると本当の獣みたいになるんだなと関心。

私は人妻Eさんのオバサンおまんこから暴れている電動ディルドを抜き取ってやると、本気汁が泡立って中出ししたみたいな常態になっていた。

制欲に脳みそを全て支配されたような無防備の人妻Eさんに限界まで勃起したチンポを突っ込んでやった。

あ”え”え”え”え”ーーー!!!い”ぐい”ぐい”ぐい”ぐい”ぐい”ぐい”ぐううううううう!!!!!

すると、人妻Eさんはすぐさまイってしまった。もう100回はイってんじゃないかってくらい。

人妻Eさんは快感に狂って正気を失っているようで私はこのまま連続オーガズムマンコでセックスを楽しんで大量中出しをきめてやった。

1時間ほど放心状態だった人妻Eさんは、ポルチオアクメによる快楽で気持ちよすぎてそのまま死ぬんじゃないかという恐怖の方が強くなってしまったのか

旦那には申し訳ないことをしてしまったのかもしれない。
もう普通のセックスでは多分満足できない体になってしまっただろう。

すまん!旦那!
貴方の嫁さんのポルチオアクメは楽しかったぞ。