メールアドレスの送り方

出会い系サイトで知り合ったセフレ候補とサイト外で直メをしたい時にメールアドレスを送ろうとすると、エラーで送られなかったりする事が多いと思います。これはシステム側で@マーク等の文字を禁止文字として判断してメールアドレスを送る事が出来ないようになっています。こういうシステムの出会い系サイトはかなり多いです。しかし、ポイントを使えばメールアドレスを送る事が出来るようになりますが、もし相手がサクラだった場合無駄遣いをしたことになります。では、どうやって無駄をなくしてメールアドレスを送る事ができるのでしょうか。

その方法は様々です。まずは一番簡単な方法。これは下手をすれば運営に気付かれてアカウントを削除される可能性があるので気をつけてください。メールのどこかにアルファベットを1文字ずつ記載してメールアドレスを送るという手法です。アドレスが長い人は結構な数メールを送らないといけませんが、検問を掻い潜ってアドレスを無料で送る事が出来ます。メール本文の末尾に書くのもいいですが、それだと気付かれやすいので本文の合間に埋め込むのが一番いいでしょう。

他には出会い系サイト外でメールアドレスを書いている場所を教える事も1つの手です。どうしてもサイト以外でやり取りしたくないと言ってくる人は基本的にサクラなので気をつけましょう。相手も基本的に最初以外は自分の携帯やパソコンでメールをしたいと思います。とにかくポイント制のサイトはメールやり取りしてから外部メールでやり取りを行う方向に持っていった方がいいです。ポイント制は基本的にサクラ率が高いので、この戦法はかなり使えます。これが面倒臭い人は基本的に定額(1500円~3000円ぐらい)の出会い系サイトを利用した方が少ない金額で多く出会えます。

続いて、本物のサクラ。これは掲示板等で募集を掛けた際に送ってくる事が多いです。こればかりは手動で入力していくるので本当の人との違いがわかりません。しかし、そんな手ごわいサクラでもすぐにわかる方法があります。基本的にサクラは相手に連絡先を教えないので2・3回メールをしたら連絡先を聞いてみるといいでしょう。相手も会いたいなら本アドは抵抗があってもサブアドを教えようとするのでサクラか胴かを見分ける事が可能になります。

基本的にメール本文でメールアドレスとして認識されるのが@やキャリアの名前(docomo・ezweb・softbank等)となっています。それを使ってしまってはメールアドレスを送ろうとしてると自動で判断されメールを送る事ができません。ひらがな等にしてなるべくバレないように送るように心がけましょう。しかし、システムも日々向上しています。同じ手法は通じなくなりますのでいかにメールアドレスを送るかを研究し続けましょう。1文字ずつ送るのがやはり一番効果的ではありますが非効率でしょう。我慢するのも貴方次第です。