出会い系サイトの種類

出会い系サイトには様々な種類があります。メル友系・恋人系・リアル友達系(オフ会仲間等)・趣味友系。これらはmixiやらGreeやらモバゲーやら大手SNSで活動すればすぐにでも出会う事が出来る種類です。アダルトの出会い系となれば同じくメル友・恋人・セフレ・愛人・結婚という風になってきます。個々にきている人たちは基本的にセフレが欲しい人だと思うのでアダルト方面の出会い系の種類を紹介します。出会い掲載との種類によってシステムが違ったりするのでここで学んでおきましょう。

まずはメル友系を詳しく説明します。メル友系は基本的にメールでのやり取りだけの出会いです。しかし、メル友から恋人・結婚・セフレに繋がる事はかなり多いです。すぐに会うことが出来ませんがメール友達を続ける事でお互いの信頼関係を築きお互いを理解しあう事でリアルに発展する確率が上昇します。最近では殆どメル友なんて言葉は聞きません。時代が進んだお陰でメールアドレスを交換しなくてもサイト内でメッセージのやり取りを行うことが可能だからです。その例としてSNSやネットゲームが主流でしょう。

次は恋人系です。これは大手で言えばライブドアのワイワイシーという出会い系サイトです。真剣な男女が集まって交際をする場なのですが最近では人気になりすぎたのか普通にセフレの募集も行われています。真剣に恋愛系の出会いを求めてる人には邪魔な存在かもしれませんが実際にセフレから恋人になる人が多いので利用者は気軽に出会えるとの事で増え続けています。勿論元々真剣な恋人を募る場所なのでちゃんとした恋人を見つけるのにも適しています。

次にセフレ系です。サイトが露骨なエロ画像を使ったサイトは基本的にサクラだらけのことが多いです。しかし、その中にも普通の人間も居るので利用者は増え続けています。無料で利用出来る事がメリットですが無料の場合は基本的にサクラが相手である意味お試しみたいなものです。Greeやモバゲー等の課金をしなければまともにゲームが遊べないのと同じで課金をすることで本物のユーザーと会話して出会う事が可能になります。ポイント制の場合は基本的にこのシステムを採用されているので利用したセフレ系サイトがポイント制だった場合はサクラメールがあふれる前に課金しましょう。

そして、セフレ系の派生として出来たのが神待ち掲示板です。これは正式名称ではなく勝手に付いた名前だと言われています。家出娘が身体を対価に宿を提供してもらおうとする人たちの出会い系です。この中に稀に未成年が居たりするので犯罪に巻き込まれないように注意してください。基本的に18歳以上の人しか集まりませんが中には年齢詐称をしている女の子もいるのでもし未成年だった場合絶対に手を出してはいけません。人生が終わってしまいます。その代わり18以上なら何しても自己責任なので問題なしです。

最後に逆援助系です。これは呼んで字の如く女性がお金を払ってSEXすることを指しますが、それは名目上であって実際は女性優位のセフレサイトです。しかし基本的にセレブな女性が利用しているので男性は女性に身をまかせてSEXをし、その中で何を貰うかは当事者のみが知る事が出来ます。しかし、イキナリありえない金額を提供すると言ってくるのは基本的にサクラなので気をつけましょう。うまく行けばヒモ生活も可能です。