サクラ・業者の見分け方

出会い系を利用する人にとっての最大の敵はサクラ業者でしょう。サクラと業者を混同してる人が多いと思いますが全然違います。サクラは基本的にそのサイトの運営元がお金を出してサイトを盛り上げるための役割です。サクラ=出会い系と思われガチですがサクラとは一般的にも用いられている行為です。パチンコや映画の新作発表会を盛り上げるタメに利用される事もあります。人間というのは相乗効果で高まる事が出来るのでサクラは必ずしも悪いということではありません。ですが出会い系サイトの場合は9割害悪でしかないのです。

業者は基本的にその運営しているサイトの関係者ではなく、基本的にライバル会社が行うことが主です。手法としてはそのサイトに一般ユーザーとして登録し、自分のサイトに誘導する人の事を指します。出会い系を利用するユーザーはこの2者を避けては通る事は難しいでしょう。サクラ・業者は年々ユーザーの真似をして欺く制度が上がっています。一応機械ではなく人が相手なので相手も失敗を繰り返して成長していくわけです。出会い系ではサクラ・業者の中からいかに本当の出会える相手を見つけてセフレにするかが勝負です。

それでは本題に入ります。まずはサクラの見分け方。サクラには大きく分けて2パターンあります。1つは機械で自動送信してくるサクラ。これに返信すると人間のサクラ相手と会話する事になります。会うことを引き伸ばされてポイントを消費させられてしまうので基本的に相手から一方的に来るメールは無視したほうがよいでしょう。これを見分けるのはサイトに登録する時に「名前+さん」やるとよくわかります。自動送信なので、名前+さんで送ってくるわけなので「登録した名前+さん」さんという風におかしい表記になります。機械サクラ対策はこれで完璧です。

続いて、本物のサクラ。これは掲示板等で募集を掛けた際に送ってくる事が多いです。こればかりは手動で入力していくるので本当の人との違いがわかりません。しかし、そんな手ごわいサクラでもすぐにわかる方法があります。基本的にサクラは相手に連絡先を教えないので2・3回メールをしたら連絡先を聞いてみるといいでしょう。相手も会いたいなら本アドは抵抗があってもサブアドを教えようとするのでサクラか胴かを見分ける事が可能になります。

しかし、いきなり連絡先を聞くのも失礼に値するので、注意が必要です。こちらから連絡先を教えられればいいのですが、そうすると今度は相手がこっちを業者と思い込んで避けられる可能性が高いです。というのも業者は基本的にサイトのアドレスやメールアドレスをイキナリ送りつけてくるタイプのものが多いからです。女性もポイント制のサイトの場合は相手もポイントを節約したいのでサブアドレスを送りつける事が一番返信率があがります。それで帰ってこなかったらさっさとあきらめた方がポイントの節約にも繋がります。

サブアドについては別の項目で紹介します。有名なサブアドを使った方が相手も信頼してくれる可能性も高くなるのでモバイルならxxメールPCならyahooメールかと思われガチですがyahooメールは業者がよく使うのでやめておきましょう。しかし、ここで紹介したことは基本的には通じますが相手も成長するのでいつまでもこの方法に頼るのはよくありません。やはり自分なりのテクニックや慣性を身につける事が一番手っ取り早いセフレの見つけ方になります。