働く女性とのセフレ出会いコース

働く女性 出会い

働く女性と出会ってセフレにしたい塾生徒の諸君! 私がセフレ塾塾長、エロ島マラ八であーる!

さて、このコースを選んだということはOLや看護師等と出会ってセフレにしたいのだな。 女子大生とは違い、社会の波にもまれて溜まりに溜まったストレスの行き場はセックスへと行きつく。

職業によっては女性しかいない職場の場合、必ずと言っていいほど男に飢えている。 OLであれば取引先の男性陣と合コン、看護師であれば医者と合コン。

しかし全員が全員合コンが好きなわけじゃない。 いきなり人と会って仲良くできないコミュ障な女たちも一定層居るのだ。

そんな働く女性たちはやはりSNSや出会い系で相手を探している。 しかし女には男以上の謎のプライドがあり、自分からは誘わないということが多い。

美人であればリアル・ネット問わず勝手に男が寄ってくるのだが、ブスや月並みの女は 男から言い寄ってくれると信じて何もせず待つだけ。なかなか男が来ない苛立ちで荒み始める。

しかぁああし!その荒み始めた心を持つ働く女性が一番セフレ化しやすいチャンスとなるのだ。

何故なら男に飢え過ぎている=男を求めている=出会いやすい=セックスしやすい という連続した方程式が成り立つのだ。

そんな働く女性をセフレにするのは予想以上に簡単ではあるが 何点か気を付けてほしいことがある。それはもちろん相手の結婚への意識だ。

セフレを求めている者にとって、結婚意識を持つ女性ほど邪魔なものはない。 例え私はクズだと言われようと、セフレ塾塾長であるからにしてセフレ道を貫くつもりだ。

それではまず働く女性と出会うことのデメリットから紹介しよう。

働く女性をセフレにするデメリット

先ほども言ったとおり、結婚願望のあるやつだけは避けろ。 以下、デメリット・注意点リストである。

  • 結婚意識を持つ女性は中出しをさせて既成事実を作ろうとする
  • お互い仕事があるとなかなか会う時間を作ることが出来ない
  • 出会いを求めている働く女性は三十路以降が多い
  • 独女期間が長いのかなぜかプライドが高い女が多い
  • プライドのせいか安いファミレスを好まずデート代が高くつきやすい

三十路以降が多いのがデメリットとなっているが 人によっては女は30からだろ!という人もいるので、これはメリットともいえる。

確かに統計データでみると女性は30代から性欲が高まってくる。 逆に男性は30代から性欲が減少してくるのだ。

故に既婚者はセックスレスが発生しやすかったりする。 独身女性の場合は満たされていない為、さらに性欲が高いのだ。

デート代に関しては、やはり女子大生とは違って安いファミレスを嫌う傾向にある。

「なんでこんな年になってまでサイゼで食事なの?ありえない!」

とか言う愚かな女は予想以上に多い。 自分では金を払わないのにこういうことを言う奴はとんでもない屑である。

しかしこれは裏を返せば少し雰囲気のいい場所に連れて行ったり 個室居酒屋等、オシャレな場所にいくだけで機嫌が良くなるということでもあるのだ。

機嫌がよくなれば、あとはこっちのものだ。 人間というものは予想以上に単純で、他人に良いことをされたら、良いことで返したくなるという心理が働いてしまう。 これは心理学では「好意の返報性」と呼ばれているのだ。

機嫌がいい状態でお酒も入ると余程の堅物女でなければ簡単にスキンシップを受け入れるだろう。 後は流れでホテルに持ち込んで、ちんぽで気持ちよくさせてしまえばいいだけ。

どうだ、デメリットも逆手に取ればメリットにもなるのだ!簡単だろう?

働く女性をセフレにするメリット

個人的には働く女性はある意味コスプレを楽しむためのセフレに最適だといえよう。 しかもただのコスプレではなく、その道の本職になるから興奮度もさらに増す。

  • 仕事の制服を着させてコスプレセックスができる
  • 社会の波にもまれストレスにより非現実を求めている
  • 現実から逃げたいので快楽におぼれやすい
  • 若い世代から熟した世代までいる
  • 仕事帰りに会うのが基本なので酒を飲ませやすい
  • 基本的に恋人が居ないので都合がつきやすい

普通に勤務している人にとっては、仕事帰りに会うことが一番楽だろう。 看護師等の夜勤タイプの働く女性は昼間に働いているとセフレにしても継続し辛い。

働く女性をセフレにするなら自分の生活スタイルに合わせて相手の職業を選んでセフレを作ることをオススメする。

仕事の愚痴に共感するだけで仲良くなりやすい

働いていると少なからずストレスが蓄積されるので愚痴が出るだろう。 同性であれば解決策を提示してやればいいが、女はそんなものを求めておらん。

ただただ相手の愚痴を聞いて「つらいね」「酷い上司だね」と共感してあげるのだ。 ここで決して相手の求めている同意のタイプを間違えてはいけない。

よく同意だけしてればいいという馬鹿な男が多いのだが 人は自分の話を理解しているかしていないかは結構わかるものなのだ。

しっかりと目を見ながら、相手の愚痴へのちゃんとした同意をしてあげるだけで この人は私の話を真剣に聞いてくれるという精神的な刷り込みができてしまう。

頭のいい男であれば、明らかにこの女が悪いだろっていうのは確実にあるだろうが ぐっとこらえてその女そのものになったと考えてその愚痴について同意してやろう。

これが出来るか出来ないかで、働く女性をセフレにする運命が左右される。

ただ、真剣に女の愚痴を聞いて同意するだけ。

これが出来ていない男がひじょーーーーーーに多い! それでセフレができないとかぬかす男が多いが、片腹痛いわ!

人間、簡単にできると思っていることほど、出来ていないのだ。 それも当然。本気を出せば出来ると思うからやろうとしないのである。

働く女性をセフレにするための準備 Twitter編

働く女性はツイッターをしていることが多い。 リアル充実している女はFacebookやインスタがメインだろうが セックスに持ち込みやすい劣等感を抱いた女程、ツイッターで愚痴を吐いている。

Facebookもインスタもリアルでつながりのある人間とやっているから ヘタに愚痴や不満を吐けない分、こういったリアルの知り合いにバレにくいツイッターをするのだ。

ツイッターは無料なだけあって、出会いに急いでいる女はそんなにいない。 ゆえにいきなり出会おうとしてもダメだ。まずはフォローして、相手の愚痴に同意したり 辛そうにしていたら心配してやるといいぞ。それだけで好感度を少しずつあげていける。

ただ、狙っている女性のどうでもいい全部のツイートにいいねを押すバカもいるが ツイッターをやっている身からするとそれほどうっとうしいものはないぞ。

辛い時はちゃんと見ているよというアピールをさりげなくするのがツイッターで 女と交流するためのコツだ。少々まどろっこしいが、人間は感情で動く生き物なので この小さな積み重ねが効いてくる。せっかちな人間は出会い系サイトでセフレを見つけたほうが早い。

働く女性をセフレにするための準備 出会い系サイト編

女というものは人にどう見られるかというプライドだけはバカか!というほど高い。 男にも一定層そういったやつらはいるが、日本人女性は常にだれかと一緒じゃないと不安になる生き物だ。

基本的に男は一人でも生きていけるが、女は群れないと生きていけない生物なのだ。 小学生時代から、女同士のグループや派閥をできるのは知っているだろう。

別にその子のことが嫌いじゃないのに、リーダー格の女がアイツ無視しようよって言うと 同調せざるを得ないのだ。なぜなら、そうすることで自分が仲間外れにされていじめの対象になってしまうから。

昭和を過ぎ、平成が終わろうとしている今でも、これは不変なのだ。 特に今はスマホでLINEという恐ろしいコミュニケーションアプリが蔓延しているから余計だろう。

なのでそういう心理も働き、自分がセックス相手を求めているというのをバレたくない。 これは働く女性であろうが、女子大生だろうが、人妻であろうが女であれば共通事項なのである。

なので、出会い系サイトであれば本名を使わない限り自分がセフレを求めているという 事実は誰にもわからない。100%バレないという確証があるからこそ、利用している。

無料だと誰でもできてしまう。多少のお金を払えばクローズドな世界で幸せに過ごせる。 そう考える人がここ最近かなり増えてきている。

昭和の人間からすると、無料で出来ることをなぜあえてお金を払うのかというのが理解できない。 平成後期の人間と昭和~平成初期の人間ではお金に対する見る角度が真逆の位置にいるからである。

私は30代前半で昭和生まれではあるが、ほぼ平成初期生まれと変わらない。 そして多感な時代にインターネットが普及したことで昭和の気持ちもわかるし平成の気持ちもわかる。

いわば中間に位置する世代と言えるだろう。

なので有名どころの出会い系サイトを使っている世代は30代前半未満が多いのだ。 セックスに飢えている働く女性を探すのであれば出会い系サイトが最適だろう。

働く女性のセフレを作るには現実を忘れさせてやることが重要

以上のことから働く女性はアラサーが中心となっている。 女性は年齢を重ねるにつれ、性欲が高まってくることは常識だろう。

男としては本能的に若い女とヤりたいと思うかもしれないが 20代前半の働く女性はそこまで性欲が強くない。 何故なら若さに満ち溢れていて、モチベーションが高い時期だからだ。

世の中には惰性で生きている人が8割だ。 25ぐらいになってくると社会に慣れてきて刺激がなくなってくるので 刺激を求めて出会い系サイトに登録したり、SNSで承認欲求を満たそうとする。

これが一番のチャンスなのだ。別に彼氏を求めていたり 結婚相手を探しているわけじゃない。今そのものを変えたいという願いが強い。

ここで、そういう女性が多いという認識があるのと無いのでは 出会ってヤれる確率が天と地の差が出来てしまうほどなのだ。

私も最初はただ単にセフレが欲しくてヤれたらそれでいいやっていう考えだけをもって 出会い系サイトをで女を漁っていたが、一向に出会えない。

そう、ヤれそうな女だけにターゲットを絞っていたからだ。 私はこのセフレ塾で何度も口を酸っぱくして言うが

目的が合致しないと会うことは基本的に無理だ

ということだ。 少し考えたらバカでもわかるぐらい至極あたりまえの事なのだ。

しかし男の性欲というのは人間の制御を狂わせる。 ヤりたい一心で暴走するだけしてまったく出会えない。そんな男が多すぎる。

世の中の出会い系サイトでセフレをゲットしている男は性欲を理性で制御して 合理的に女をたらしこみ、出会える確率を極限まで高めている。

一方、性欲だけで女に話しかけているやつらは永久に出会えないだろう。 それどころか本物の女ではなくサクラに引っかかって何も得ることが出来ず時間とカネだけを無駄にする。

女は自らセフレになろうなんて考えはないのだ。 根本的に男とは別の生物なので一緒に考えてはいけない。

中には性におおらかな女性もいるだろうが、そういう女はまずヤれない。 そもそも大らかすぎると男はそいつを女としてみられなくなってしまうから一切チンピクしないだろう。

ちょっと話がズレてしまったな。 しかしセフレにしたい対象が違うというだけで根本的な出会いのテクニックであるので セフレ塾生徒の諸君らは、是非基本を忘れないで行動してほしい。

話を戻してまとめるが、働く女性は非現実、つまり刺激を求めている。 つまらない事には興味はない。普段しないことを体験させてやるのがいいだろう。

その働く女性の職業からは色々想像できるだろう。 特殊な仕事についている人は、Googleで検索すればいくらでも詳細が出てくる。

その仕事について理解してやれば、共感してやることができ そこから出会いに繋がってくるのだ。出会いにおいてリサーチは重要だ。

働く女性をセフレにするのが向いている人

最後に、働く女性をセフレを作るのに向いているタイプを紹介しよう。

  • 30代前半である
  • フットワークが軽い(車があれば心強い)
  • 職業のコスチュームが好き
  • 愚痴をすべて受け入れてやる器の持ち主
  • 自分の意見を押し付けない

数あるセフレコースの中でもダントツに難易度が低い働く女性のセフレ化。

このご時世、車を持っていない人も多いと思う。 私も車は持っていないが、最近ではシェカアーが主流になっているので 自分で車を持つ意味が昔に比べて減ってきている。

維持費も馬鹿にならない。車好きでなければシェアカーを使うのがベストだ。 その維持費をセフレ出会いに費やし、おまんこというパーキングにチンポを駐車すればいいのだ。

事故(コンドーム破損)によるオイル漏れ(中出し)には気をつけるんだぞ!

以上、働く女性コースの紹介はこれにて終了であ-る!

出会いテクニックの項目では、働く女性のタイプ別で攻略をしていこうと思うので 自分の好きな職業の女をセフレにする楽しみを味わってほしいと思う。